FC2ブログ

6月11日(火)ゲストスピーチ

Posted by Oyabe Rotary Club on 25.2019 例会 0 comments 0 trackback
今年度最後のゲストは、
公益社団法人 小矢部青年会議所 理事長 柴田昭浩さま

0611柴田昭浩 - コピー (187x250)
スローガン
『義 -野心を持ち、確乎不動の精神で行動せよ ―』
「義」から始まる言葉には、意義や恩義、教義、信義、仁義、正義、道義などがございますが、これは、利欲を捨て、人として行うべき道を、道理に従って行動していくという意味でございます。

私たちが進む道は誰からも教えてもらうこともなく、どれが正しいということも言われません。自身が進むべき道を定めたならば、周囲に流されない確固とした信念を貫き、未来への道を切り開き、それに至るまでの過程に誇りを持って活動していかなければなりません。
 
本年度の活動の軸として5つの柱を設けて活動して参ります。
①同志の拡大
②JAYCEEの育成
③物事の本質を探り、切り拓く思考を持つ
④次世代を創造する画家となる
⑤まちの記憶を継承し、未来に向けて刑象する
 どの柱も「義」の心を持って活動し、小矢部の未来への道を切り拓くという信念のもと、活動していきます。

世の中は時代とともに常に環境を変えていくので、私たちに新たな目標を与えてくれます。
「水は方円の器に随う」という言葉がございますが、これからの小矢部のかたちを見据えて、これからも活動に邁進していきたいと考えております。青年会議所メンバーの心を一つに集め、キャンバスに小矢部の未来を描いていきたいと思っております。

1月に就任され、お忙しいところおいでいただきました。
ありがとうございました。



スポンサーサイト

6月4日(火)花例会

Posted by Oyabe Rotary Club on 21.2019 例会 0 comments 0 trackback
5月の最後と6月の最初は恒例の社会奉仕活動となっています。

14回目となる『花例会』 特別養護老人ホーム「ほっとはうす千羽」にメンバーが集合しました。
日差しがとても強い暑い日

IMG_1195 (300x225) プランターに土をどんどん入れていきます。
今年は参加人数が多かったから、とてもはかどりました。

土を入れたプランターを、スタンバっている おじいちゃん・おばあちゃんの所まで運び、可愛い花苗を植えていただきます。職員の方々やメンバーも一緒に植えます。
IMG_1200 (300x231)
IMG_1206 (300x225)

植え終わったプランターを並べて、みんなで記念撮影
IMG_1208 - コピー (400x267)

このあと、プランターを施設内各所に分けて運び、終了となりました。

今年度も皆様のおかげで、無事植花できました。ありがとうございました。


5月30日(木)第40回ゴミゼロ運動OYABEまちぴかウォーク

Posted by Oyabe Rotary Club on 20.2019 例会 0 comments 0 trackback
5月30日は、毎年恒例
『ゴミゼロ運動OYABEまちぴかウォーク』

市内19団体の皆様と市民の方々、約250名の参加協力をいただきました。

今年はお天気にも恵まれました

DSC05442 (300x199) 小矢部市役所前で開会式

そして、メルギューくん・メルモモちゃんが見守る中、石動きらりこども園のゴミゼロレンジャーが、誓いを立ててくれました。
DSC05454 (300x199)

町のほとんどは、とってもきれい
IMG_6443 (300x200)
 
IMG_6442 (300x200) 
IMG_6436 (300x200)
目立たないところ、車通りの多いところは、ゴミ多めです。

ゴミゼロレンジャーも一生懸命、歩道をピカピカにしてくれました。
DSC05496 (300x199) DSC05494 (300x199) DSC05493 (300x199) DSC05490 (300x199)

DSC05507 (300x199) 拾い終わったゴミをトラックに積んでもらって、
「ありがとうございました」って、お兄さん(メンバー)にキチンとお礼を言ってました。
可愛い

今年から、回収していただいたゴミを分別することにしました。
市役所環境課の方々には、ご準備やらでとてもお世話になりました。
IMG_6460 (300x200) DSC05521 (300x199)

DSC05526 (300x199) お礼を兼ねて皆様には花鉢をプレゼント

皆様のご協力のおかげで、小矢部市は今年もピカピカ です。
ありがとうございました。



5月21日(火)ゲストスピーチ

Posted by Oyabe Rotary Club on 17.2019 例会 0 comments 0 trackback
この日のゲストは、

【 一般社団法人 富山県トラック協会 適正化事業部長 笹倉 伸行(ささくら のぶゆき)さま】 0521笹倉伸行 (215x300)



「ホワイト物流」推進運動とは?
深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的に、次の点に取り組む運動です。
①トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化
②女性や60代以上の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現

企業は、取組方針、法令遵守への配慮、契約内容の明確化・遵守、運送内容の見直し等を内容とする自主行動宣言の提出・公表・実施を通じて、運動に参加することができます。

『期待できる効果』
①業界の商慣行や自社の業務プロセスの見直しによる生産性の向上
②物流の効率化による二酸化炭素排出量の削減
③事業活動に必要な物流を安定的に確保
④企業の社会的責任の遂行 など

『ホワイト物流』推進運動への参加の流れ
①運動の趣旨への賛同…賛同企業名は公表。
②自社で取り組む項目選定(一部抜粋)
A.運送内容の見直し
B.運送契約の方法
C.運送契約の相手方の選定
D.安全の確保
E.その他
F.独自の取り組み

輸送産業は生活のライフラインです。
しかし人手不足が深刻化しており、安定したサービスの供給が難しいのが現実となっています。
今後、改善も必要です。
これからも運ぶものは、増える事があっても、減る事はありません。
輸送産業は重要だと再認識しました。


5月14日(火)ゲストスピーチ

Posted by Oyabe Rotary Club on 14.2019 例会 0 comments 0 trackback
まだ5月の例会報告

小矢部ロータリークラブがホストしている 米山奨学生 徐 小鴎さま のスピーチ。
0514徐小鴎(B) (224x300)

「私の留学生活」
私の出身大学は瀋陽薬科大学で専攻は薬剤学でした。4年間通して主に薬学の研究をしていました。瀋陽薬科大学は、日中交流がとても盛んで富山大学と瀋陽薬科大学は友好締結を結んでいます。私は瀋陽薬科大学に推薦されて、2014年9月に富山大学大学院に留学しました。
大学では和漢医薬学総合研究所で、悪性黒色腫に関する研究を行っています。具体的には、悪性黒色腫に対して細胞傷害活性を示す生薬と阻害剤を同定、さらにはそのメカニズムの解明も行いました。つまり現在の抗がん剤より効果が高く、副作用が少ない抗がん剤を和漢薬の中から開発することと化学治療薬の治療方法を提案することができると思います。新しい治療薬か治療方法に貢献することが私の研究の目標です。
がんの研究ではまだまだ初心者ですが、自分の抱負へ向けて着実に一歩を踏み出していると実感しています。これから、自分の経験を生かして、よりよい研究をやりたいと思っています。大学の先生と研究室の皆さんも熱心で、色々な事を教えてくれます。研究室の生活も充実しています。早川先生はがん免疫研究の分野では有名な教授です。また、研究室には海外の留学生が多いです。世界のいろいろな研究者と議論を交わすことができるのが魅力的です。中国で得られないような経験が得られると思って、現在の研究室でたくさんの知識や技術を学びたいと思っています。
私は中国語と簡単な英語しか話せない状態で日本に留学しました。推薦してくださった先生からは英語が分かれば問題ないと教えられましたが、文化の違いに戸惑い深く悩みました。しかし悩んでも何も解決出来ないので “日本語能力試験1級の取得“を目標に掲げました。
研究がメインの留学で、時間も限られていたため、①研究はおろそかにしない②スケジュール管理を徹底する③失敗しても落ち込まない。この3点を約束し実行に移しました。結果合格できたのですが、ただ頑張るのではなく、自律しながら成長できたことが何よりの収穫だったと思います。
日本に来て5年目、私も成長しました。独立性だけじゃなく、生活、価値観、いずれも変わりました。日本で様々な文化を学ぶことができて、自分の道は自分の力で切り開いていけると思います。日本に来てよかったと思います。
最後に、私は去年の4月から米山奨学生になりました。奨学金をもらったおかげで、一心に勉強に集中する事ができて嬉しかったです。奨学期間の延長についてもご協力いただけて感謝しています。   
小矢部ロータリークラブの皆さんの家族のような雰囲気に心を打たれました。自分はロータリーの大家族に入って幸せだと思います。これからも、皆さんと一緒にたくさん思い出を作りたいと思います。
ご清聴ありがとうございました!

この日は、徐さんのお誕生日
クラブから、ささやかなプレゼントをしました。(写メ忘れました・・・)


 HOME